FC2ブログ

破廉恥な学園祭

ヌードモデル

生徒A「展示室内、かなり混雑してます!係の生徒の指示通り、立ち止まらずゆっくりお進みくださーい!あ、校長先生、どうぞ、最後尾にお並びくださーい。」

教頭「いやはや仕方有りませんな。校長、私どもも並びましょうか。」

校長「いやー、しかし今年の美術部はスゴイですな。いったいどんな作品が展示されてるのやら。あ、キミ。どうだったかね?」

校長が出て来た生徒に訪ねた。

男子生徒「ぼ、僕たちなんか、もうコレで5順目です。」

校長「ほう。。それは楽しみだな。」

並んでいる生徒は口々に”スゴイスゴイ”とか”ドキドキする”と言った声が聞こえ、時折、中から女子生徒のキャーキャー言う声がする。

女教師「あら、校長先生、教頭先生。お並びいただいてすいません。」

校長「いや篠山先生、今年はスゴイですな。大盛況じゃありませんか。」

篠山「おかげさまで。ささ、どうぞお入りください。」

校長達は入場した。
ヌードモデル

校長&教頭「!??!」

黒山の人だかりの中央に、裸の男女が立っている。

教頭「し,篠山先生!??な、なんですか!??コレは!??」

篠山「素晴らしいでしょう?美しい。実に美しいですわね。。。」

校長「篠山先生!こ、こんな事をして、あなた、どういうつもりですか!??ほら、君たちスグに出なさい!こんなハレンチなモノ見るんじゃない!」

教頭「篠山先生!なんて言う事を。」

篠山「大丈夫ですわよ教頭。モデルの子にはキチンと30分置きに15分休憩させてますので。」

教頭「そういう意味じゃなくてですね!。。」

裸の男子「おじさん!おじさん!こんにちは!おじさん校長先生だったんだ。また今度指名してくれるって言ってたけど、今晩僕空いてるよ!」

裸の男が校長に言った。校長は眼鏡を掛け直し顔をよく見た。

裸の男子「僕だよおじさん!じゃなかった校長先生。売り専天国のシュンだよ!」

会場がどよめいた。校長の顔から血の気が引いた。

裸の男子「あの時のおじさんの大人のテクニック。。。」

裸の男子は思い出し勃起をしてしまった。

ヌードモデル

男子生徒「おぉお。。。」

女子生徒「キャ。。。スゴイ。。。」

教頭「こ、校長。。。」

校長「し、知らん。な、なんのことだ。ワシャ知らんぞ!」

教頭「き、君たち、は、早く出なさい、ほら早く!!」

裸の女「教頭先生。イイじゃない。みんな見たい年頃なんだから。」

そう言って振り向いた裸の女を見た教頭が思わず声を上げた。

教頭「ユキちゃん!。。。はっ!」

自分の吐いた言葉を消そうと手を口に当てるがすでに遅い。

篠山「あら。校長も教頭も、すでにこの子達の裸をご覧になってたんですねえ。」

あわわわ。。。慌てる2人。

篠山「イイ?みんな。勉強も大事。勉強は大事よ。だけど、勉強ばっかり、成績ばっかり、出世のことばっかり考えてるとね、若いうちに経験しておいたほうがイイ事をせずに終わるのよ。」

顔も頭も真っ赤にする校長と教頭。

篠山「そして適齢期になって誰かに勧められた相手となんとなーく結婚したり。で、イイ歳になってようやく思い出すのね。そしてお金にモノを言わせることだけで裸を買うしか出来ないのよ。それも、遥か昔、若い頃には手を出せなかった若いカラダに。イイ?こんな大人になっちゃダメよ。」

生徒「はいっ!」

男性ヌードモデル

ヌードモデル

9月に入り、ようやく夏の呪縛から解き放たれて、夏に縛られることなく更新できる季節となりました。とは言え、そこそこ季節感出せるモンは出そうかなとも思ってます。ま、後は夏のエロでやってみたかった事、他にもたくさんアルのでソレはまた来年か、”7月、8月の記事”として今後更新する”かも”知れませんので、またそちらもよろしくお願いします。

NO LIMIT: TSUJIMOTO
NO LIMIT: TSUJIMOTO
posted with amazlet at 16.09.01
中京テレビ放送株式会社 (2015-10-13)
売り上げランキング: 48,262


関連記事