FC2ブログ

男体盛り

はだかん萌

暗闇ヌード

タキシードの男「皆様お待たせしました。」

薄暗い中、キャスターに乗せられた怪しく光る物。花のようにも見えるその周りを、数人の男女が取り囲む。

男A「おー来た来た。」

男B「ほ〜う。コレが名物とやらか。」

女A「なんだか緊張するわぁ。」
 
口々にざわめく中、ライトが点灯される。
 
裸体盛り

女達「あらぁ〜♥」

男C「奥樣方、ヨダレが出てますよ。」

男D「おや?ヨダレだけですかな?」

女C「もぉ。イヤですわ。男はすぐコレですもの。」

女達「ねぇ〜。」

キャスターのテーブルに横たわった裸に料理を盛られたの若い男は目隠しされた状態。耳で自分の置かれた状況を感じ取る。

女A「何年ものでいらっしゃるの?」

タキシードの男「19年ものでございます。」

女B「まあ。ワインで言えば最高品質ですわね。」

女D「どうりで随分お若いワケね。わたくしは、もうちょっと寝かせたのが好みですわね。」

タキシードの男「体温で料理の鮮度が下がってまいります。お早いうちに。」

男体盛り

女B「どんなお顔なのかしら?」

タキシードの男が若い裸の男の目隠しを取った。

女達「あら♥。初めまして。」

男A「股にアワビとは洒落た演出だな。」

若い男の股間部分に、生きたアワビが置かれている。

女B「まぁ。お卑猥ですこと。」

アワビはグネグネと身をよじる。

女A「男の子なのに、そんなに濡れ開いて。厭らしいですわね。」

アワビは男を前に愛液を溢れ濡れたヴァギナのように、開いては身をよじって見せた。

裸体盛り

タキシードの男「失礼いたします。活きの良いうちにコチラは。」

そう言うと活きたアワビを取り、手際良くタイのお頭を被せた。

男体盛り

女D「あら。お焦らしになるのね。」

男D「焦らされるほうが好きだろうて。」

少年のカラダを隠していた料理が徐々に無くなって行く。。。






今や、少年は性器を生イカで隠された状態だけになった。

陰茎にイカの胴が被さり、睾丸は足で隠されただけの状態だ。半透明のイカは少年の茎をうっすら透けて見せた。

それぞれ好みのアルコールを手に、少年を眺めながらの晩餐。

女体盛り

タキシードの男「それでは最後に豊潤な濁り汁を。」

タキシードの男は、イカを軽く握りゆっくりと動かす、5本指を波打つように動かし、時にはイカごと上下に。イカの粘液は少年の茎に絡み付き、滑らかな感触と男の指使いは少年を絶頂に。

少年「あ。。。。い。。。イ。。。クッ。!」

ドクドクドク。。。。イカの中に注がれる少年の愛液。

女体盛り

粘液と愛液が混ざり合い、ねばりを増した体液がドロリと溢れた。

一同が感嘆の声を上げる。

男A「高橋くん。別室の用意を頼む。」

高橋と呼ばれたタキシードの男「かしこまりました。」

少年はこれから本当の地獄と天国を見る。




はいはいはいはい!お正月も終わりましたねー。ま、今年も言いたくないけどコロナの話は避けられないでしょう。

さて、今回は「男体盛り」でございます。女性蔑視だとか言われて来た女体盛りですが、いやいや、男子のほうが萌えるっちゅうねん!

ところで後半になって出て来た「高橋くん」。コレ、皆さん憶えてらっしゃいますか?「装飾男子」で少年少女を変態浮遊層に充てがうバイヤーです。

全裸盛り

「装飾男子」では小女が得意分野でしたが、このコロナ禍の中、彼もあんなもこんなもなかったようで、少年の扱いにもスッカリ慣れました。男子の性器の扱いも熟知してきたようです。

男の女体盛り

今度ね、スピンオフで「高橋くん」もやろうかなーって。そうですね年齢設定は20代後半。もうお色気チン●の若くして出来るヤツみたいな。26〜29歳くらいの、もう男の色気絶頂期でありつつ、若い男子のエッセンスも持ち合わせると言う、色気、エロ気もヤバいくらいのフェロモンを撒き散らす男性って感じの。

全裸盛り

話は戻って「男体盛り」ですが、なんか動画とか一部のサイトでは”笑い”として扱われてるのが悔しいですねー。プレイとしても晒し者としても最高のジャンルなのに。

男の女体盛り

で、これ実際に当時の会社の接待の飲み会で「女体盛り」を食された年配の人と話したことがあるんですが、やっぱ年配特有の盛り上がりで話してました。「今度一緒に飲みに行くか?」言うて。で、その人、今は懐かしい本物(と、その人は言ってましたが)「バイ●グラ」をくれて「飲んでみ?」と。

うん。普通に常に性欲強かったんでよく判りませんでした。多分、本物じゃないんじゃない?って。

そんでそれから「萌くん萌くん」って飲み会とかで「萌くん連れて来て」ってスゴイ可愛がってもらったんですが、そう言うと「その人ホモなんちゃう?」ってオチになりがちですが違います。とある会社の上層部ですが、子どもが出来なかったらしく、割とどんな人にも普通に接する私に親みたいな親近感を持ってくださったようです。

ただ立場があまりにも違い過ぎて、ちょっと私の周囲から「お前、あんま調子乗ったらアカンで。」とワケの判らんストップがかかり疎遠となりました。だいたいね、営業部のヤツらがその人の隣に座りたくないからって、飲み会に遅刻した制作部の私を座らせたクセに。

そして、その方は数年前に亡くなられました。

女体盛り

確かに当時の自分とは立ち位置が全然違う上の方だったんで、特に営業部の人からしたら気安くするなみたいな感じだったのでしょう。でもなー、堅苦しい毎日で、歳は違っても面白いマッチングしたなら年齢とか関係ないんじゃない?って。

釣●バカのスーさん、ハマちゃんみたいに。

話が大きく横に逸れましたが、「男体盛り」。次また男子に産まれ変わったら、笑い抜きのエロ美しくチャレンジしたい。そう思う令和3年。そして、女体盛りの事をキラキラした目で話してくれたあの方に。

私は今も元気です。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
うえさま

こんばんは。いつも楽しく拝見しています。
今回は男体盛りですね。
実はこの男体盛り、盛られる側になったことがあります。

参加者10人ほどに全身に寿司や刺身を一つずつ盛られてゆき、盛りが終わったところで参加者が男体盛りを鑑賞。そのあと盛った寿司や刺身を食べるという設定。

裸体に寿司や刺身、生魚を盛るのはビジュアル的にはやらしい感じでいいのですが、実際には体温で温まってしまい生臭い魚の臭いがして、
参加者は食べられたものじゃなかったみたいですね。鑑賞と飲食をするなら笹の葉に載せてからの盛りでないと厳しい感じです。
盛られる側としてもナマモノや寿司を直接、裸体に載せられるのは気持ち悪いだけで全然興奮しませんでした。^_^
参加者の皆様は裸体に直に載せた寿司や刺身を食べるのは衛生面でイヤだったみたいで、イベントは大失敗でした。

男女問わず参加者を募ったのですが女子は来なくて、ゲイっぽい参加者ばかり。男性だけだといざとなるとみんな遠慮してしまい、主催者の方がしきりに声かけして男体盛りの飲食をさせようとしていましたが、みんな嫌々食べていたみたいです。
寝かされたベッドが高かったため仰向けだと参加者の皆様がどういう感じなのか見えないんです。畳のような低い位置に置かれていると盛られる側の視界に参加者の雰囲気が分かるので気持ちが反応しやすいのかも。
寝かされている位置が大切だと知りました。

実際、ヌルヌルして生臭いので気持ち悪いですよ。

はだかん萌
はだかん萌
Re: タイトルなし

えええええー!!!まさかの盛られた経験者降臨!!スゴイですね!

あ、でも本文の年配の方も「美味しくはない」って言ってました。裸に盛られてる時点で、一気に盛られるわけじゃないので先に盛られた食材は生温いらしいですね。イベントだよイベントって言ってましたわ。

>盛られる側としてもナマモノや寿司を直接、裸体に載せられるのは気持ち悪いだけで全然興奮しません

そうなんですか?ま、確かに匂いは自分もダメですけど、そのヌルヌチャ感がイイのかなーと思ってましたが。

ちなみに、ソレって何年くらい前のことでしょう?良かったらお返事ください。

  • 2021/01/07 (Thu) 13:10
  • REPLY