FC2ブログ

雄蕊

author photo

Byはだかん萌

-
裸の美青年

ブログを書いてて、いつも不本意に書く言葉「ちんぽ」。この「ちんぽ」って単語にスゴイ違和感と言うか好きじゃありません。まだ「ちんこ」「ちんちん」はイイんですけど、この2つ、両方とも小っちゃいイメージがありますよね。ソレと受け身側から発する言葉としては「おチンチンください」って、ちょっとエロくてイイけど、タチ側が発する時は「ちんぽ」のほうがソレっぽいのかなイメージとしては。ただ、結構毎回”ちんぽって言葉なんだかなぁ〜”って思いながら使ってます。あと「ペニス」は”語り手が状況解説してるシチュエーション”の時に採用することはあるけど。

植物の生殖器官「雄蕊(おしべ)」って結構キレイなネーミングやな。って思ったのですが、おしべって言う読みは、正式名称ではなく、一般に使われてる通称みたいなモンだそうです。


正確には雄蘂(ゆうずい)と言うらしく、一般に”めしべ”と呼ばれてるモノが雌蘂(しずい)だそうです。ゆうずい、しずい、なんか一気に医学用語チックになりました。ちょっと重たいな。

おしべとめしべと言えば一番最初に学習する生殖だと思いますが、基本的に植物の花は単体でおしべとめしべを持ってます。いわば両性具有。ただ、まあ大抵の植物はめしべ1本に対し、おしべ複数本と、なんか女王の足下にすがるM男風な扱いを受けてます。で、おしべは人間や動物で言う精子「花粉」を生産し、虫や風の働きでめしべに到達(受精)、それが種子や実になると言うね、アレね。

と、まあこのように、”おしべ・めしべ”って綺麗にまとまりません?コンビ名でも通用しそうだし。

全裸 青年

なぜあるの?めしべとおしべ (植物のふしぎシリーズ)
江川 多喜雄
童心社
売り上げランキング: 1,336,852
関連記事