FC2ブログ

ジム

author photo

Byはだかん萌

マッチョ イケメン

ヒロ「なーなー。明日なスポーツジム行けへん?」

コウタ「あ、あそこか?新しく出来たとこ。」

ヒロ「そうそう。体験やる言うてたで。今やったら200円でいけるらしいわ。」

ルイ「まーイイけど。ヒマやし。」

話しはスイスイ進んで、僕らはオープンしたばかりのスポーツジムに体験入りすることになった。運動しやすい服装ってことで集合時間に集まった。
 
ヒロ「まー、オレ、大体の器具の使い方知ってるし、なんでも聞いてーや。」

チャリを停めて2階受付へ。ヒロが受付に話す。

ヒロ「すんません4人なんですけど。」

受付「学生さんですか?生徒手帳あります?」

全員提示する。

受付「みなさん中●生ですね。はい。じゃあスイマセン、今日は200円だけいただきますね。」

ヒロ「あの、エアロビも体験できます?」

全員「はぁ!?」

受付「あ、出来ますよ。みなさん体験されます?」

ヒロ「な、やろや。」

エアロビも体験することになった。11時かららしい。

ヒロ「レオタードやで、レオタード。インストラクター、どんな人やろ。」

(ちなみに、↑の画像のお兄さんはエアロビとは無関係です。)

結局、ヒロの目的はソレだった。とりあえずロッカーに荷物を置いて、そのままジムへ入る。ソレっぽい機械がイッパイあって、一通りやってみようって事になった。インストラクターが使い方説明しようか?と言うがヒロは「オレだいたい判るんでイイです。」と断った。

ランニングマシーン、バーベルなどなどやってると、コレなんやろ?ってのがあった。

オレ「ヒロ、これなんやろ?」

ヒロ「ん?あーコレな。コレあれや腹筋のヤツや。ココに足挟んで腹筋すんねん。」

ア、ナルほど。とオレは丸いクッションみたいなとこに足を挟んで腹筋した。異常なキツさだった。何回かやってると隣から声がして

隣にいた人「あ、それ、背筋用やで。」

と言った。あ、そうなんですか!??と見ると、めっちゃイイカラダのお兄さんがいた。

オレ「あ。。。。あ、あ、す、すいません。」

絶対に顔が真っ赤になってた。ソレは使い方間違えてた恥ずかしさよりも、もっとこう。

慌ててその場を離れ、ヒロに言った。

オレ「お、おま、アレ腹筋ちゃうやんけ!」

ヒロ「え?あ、背筋な。ごめんごめん。」

どうりで異常にキツイわけだけど、それよりもあのお兄さんが頭から離れない。。。

ヒロ「お!11時や!行こ行こ!」

オレはあのお兄さんをひきづったままエアロビクスの部屋へ入った。男はオレらだけだった。明らかに浮いた存在に、他の女の人も困惑してる。

コウタ「おい、エエんかホンマにオレら。」

ヒロ「なんでや、エエ言うてたやんけ。気にすな。」

インストラクター「はい、こんにちは。じゃあ今から始めます。」

最初軽い柔軟なんかをして、その後音楽に合わせて15分ノンストップで動くらしい。ヒロ達はインストラクターに釘付け。たしかに身体のラインクッキリでイイけど。。。オレはただ鏡に写るマシーンルームのお兄さんを探した。あのお兄さんのカラダ、腕のラインもクッキリしてた。

エアロビが終わり興奮してる3人よりも一足先に帰る僕は、マシーンルームを見渡し、あの人を探す。けど、もういなかった。。。先に帰ると告げてロッカールームへ行きシャワーを浴びようとした。そしたらシャワールームからあの人が出て来た。

マッチョ イケメン

オレ「あ。。。」

お兄さんはニコっと笑った。オレはさっきはありがとうございました、の声が出ず、ただ軽く頭を下げた。

ボディビルダーを目指してるかのようなカッコいいカラダ、クッキリ浮かぶ筋肉のブロック。そして濡れたタオル越しに浮かぶチン○の色カタチ。。。「すご。。。」エアロビのお姉さんには感じなかったドキドキが。。。前をガッチリガードした僕に反して、お兄さんは股間を覆っていたタオルを取った。

大人 男性器

大人の。完全な大人のチン○を丸出しにしてすれ違った。その時、僕はきっとガン見してたのは間違いなかった。ズドンと下がったシャワーで濡れたチン○。かっこいいカラダに異様な存在のソレに。。。赤茶色の棒と真っ赤な頭が、濡れてるせいでヌメヌメと光ってて、今思えば女のアレから抜いたばかりで、女の愛液とこの人の精液でたっぷり潤ったような卑猥で厭らしいチン○だった。ショックだった。

僕はもうその人を見ないようにシャワールームに入り、悶々と込み上げる感情と、どうしようもなく勃起したチン○をこすって射精した。

自分もああなりたいとか、エアロビのお姉さんとあの人のセックスが浮かんだり、そういうのもあったかも知れない。でもあの人のアレをどうしたいとか、あの人とどうなりたいとか、どうされたいとかそんなこともあるような気がして、どうにもならない気持ちは、そうして沈めるしかなかった。

大人のチンポ

間違いないのは、男の人の裸に何かを求める自分に気づいたってことだった。。。



えー、コレは9割方、自分の事です。登場人物のヒロですが、コイツがもう見た目も行動もネアンデルタール系で、モロにゴリラ顔で、練習試合なんかで遠征行ったりするときも、20kmくらいなら電車賃をケチってチャリで行くようなヤツです。で、腹筋、背筋間違えたのもエアロビ体験も実話。で、隣にいた今回のイケメン役に声かけられたのもホント。ただ!ココまでのイケメンじゃなくてスキンヘッドでもうちょっと年上。けどカラダは超イケてました。

んで、よく憶えてないんだけど僕だけ先に帰ることになってて、シャワー浴びてと思ったらサウナがあって、誰もいないしせっかくなんで入って見よって思って入った訳です。そしたら、その超かっこいいカラダしたお兄さんが入って来て、なんかすっごいドキドキしたっていうのがホントです。

中●生なんで、さっきの腹筋間違い教えてもらったことから話しを膨らませるような器用なこともできるはずもなく、ただ黙って数分。も、もし襲われたらど、どーしよ。。。とか。だって見た目がガチホモなんですもん!今考えれば!けど、その人もただ時々ふぅ===っと息を吐くだけで。。。そんなんしてたら常連なんでしょうね。知ってる人っぽい人が入って来て、なんかジムのことやら話し出して、暑さに耐えきれなくなった僕は脱出したってだけの話しです。

あと、エアロビクスのインストラクターがなかなかにスパルタでした!

「ほら!男の子達!若いのに一番バテてんで!はいシッカリ着いて来る!1,2,3はい!」

とか、もう結構あれはアレでオモロかった。で、高校卒業した頃かな?バイト先の女の人の話しで、そのジムのプールでホモに声かけられたって人がいたらしく、クッソ、プールか!って思ったって言うお話でした。

  
関連記事

Comments 2

ghjn`1``  

ありがとうございました

リクエストお答えいただき、ありがとうございました!

彼やっぱやばいですねw

2019/04/16 (Tue) 11:27 | EDIT | REPLY |   

はだかん萌  

Re: ありがとうございました

> リクエストお答えいただき、ありがとうございました!
>
> 彼やっぱやばいですねw


ヤバいんですよ。他にもヤバいのたくさんあるんですが、ドレも着衣なので脱がすのが大変です。

2019/05/07 (Tue) 07:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply