FC2ブログ

半陰陽(はんいんよう)

author photo

Byはだかん萌

男性ヌード

半陰陽(はんいんよう)とは、英語でIntersexualityとも呼ばれ、第一次性徴において性別の判別が難しい状態のことを差します。日本ではインターセクシュアル、インターセックスとも言い医学的には「性分化疾患」と言われています。

今回の画像は、このブログが男性ヌードをテーマとしている以上、実際の半陰陽、性分化疾患の方とは違う(とも言い切れませんけど)表現になってますが、女性器の表現がありますのでご注意ください。※とは言えパスワード記事じゃないのでボカシ入りですが。
 
前述の「第一次性徴において性別の判別が難しい」と言うのは、幼少期の場合、未発達の性器が男性器、女性器の判別を難しくさせていると言う点にあります。

第二次成長期(男子なら声変わり、陰毛などの発毛、性器が大きく、黒ずんでくる、筋肉が付き始め骨格、体格など男性らしい特徴が顕著になる)を迎える頃に、オカシイな?と本人、周りが気づく。そういう傾向にあるようです。ただ今回の画像も含め、極端なケースの場合です。

実際にはいろんなケースがあるようですが、外性器の形状はしっかり出来ていたとしても例えば男性なのに精巣がなく、卵巣があったり、その逆だったり。一応、↓これが一般的な男子の男性器。

男性ヌード

女子であれば胸が膨らんで、体型も脂肪が付きやすく、クリトリス、ヴァギナなど、いわゆる女性器が股間にあるのが正常と言われる訳ですね。

ところが、幼少期は男子と女子に大きな違いは見つけにくい部分もあります。服装、髪型などで一応の判断はできますが、パっと見の体つきは子どもらしい、頭でっかちの可愛い体型。それが第二次成長期などで初めてカラダに異変が出て来たりするようです。一見見た目は普通の男の子だったのが胸が出てきたり、カラダが丸みを帯びてきたり。で、医者へ見せると、染色体の判断では「女性」と診断されたり。それまでの自分の性がいきなり違っていたと言われるケースもあるワケです。

とにかく男子、女子とも様々なケースがあるのでコレが半陰陽って言うのは、なかなか難しいのですが中には「男性器と女性器を持つ」人もいるようで、完全な両性具有状態の場合もあります。

陰茎、睾丸もありながら完全な女性器も同時に持つと言うパターンも中にはあるのかも知れませんが、実在のケースで言うと、陰茎があってその根元から女性器で言う「大陰唇」が大きく膨らんでいてそこが睾丸に見えていたと言う症状。そしてその大陰唇の内側に小陰唇、膣口などがあるという外観。妊娠ができるのかどうかは、体内に卵巣があるのかどうか、逆に妊娠させることができるのかどうかは精巣の有無、また様々な要因もあってそれらは不明です。

半陰陽

両性具有

またコレは実際、女性に見られるようですがクリトリスが異様にデカイ人。僕は実際そういう人に出会ったことはありませんが、パっと見、え?チンコ?と思う程大きい人は実在します。ただ見た目はそう見えてもクリトリスなので、尿道などはなく、あくまでも快感を得るための触媒でしかありません。

半陰陽

なので女性の場合はそれまで小さい「チンコ(陰茎)」だと思っていたのが、実はクリトリスだったりする場合もあるのかも知れません。またサイズが小さい睾丸だと思われていたのが実は大陰唇が垂れ下がっていたと言うケースも稀にあるようです。とにかく昔はソレらの判断が黙認で行われていたようで、見落とされてしまってたのかも知れません。

半陰陽

何度も言いますが、僕は当事者じゃないので詳しいことを知っている訳ではないし、今回の画像は「男子の裸」での表現ですのでとにかく極端な例で、こういう例はまずないと思います。(ちなみにこのエログでの「サタン」も今回同様の表現ですが原作ではオッパイありの男性器持ちと言う表現です)とにかく第二次成長期においてある程度体格は本来のその人の性を表してくるはずだからです。

半陰陽

むしろ↑の画像はFTM(女性から男性になる人)の性器の手術が未処理な人の姿だと思います。

半陰陽

当事者の人にとっては切実な問題でこのようなエログであーだこーだ言う事は不適切なのかも知れませんが、このようなエログだからこそ性がLGBTが単純に4種類で分けられるものではないと言う事も発信していきたいですね。

ちなみに今回の案件とは少し異なるのですが、ドイツでインターセックス(中間的な性)の人は「男」、「女」にくわえて、「ディバース(diverse)」と言う第三の性を選べるようになりました。

ドイツで第三の性「ディバース(diverse)」が公式に認められる

医師が正式に診断書を書いた人が対象と言う事ですが、性の多様化は今後ますます公的なものになっていくかも知れません。


  
関連記事

Comments 0

Leave a reply