FC2ブログ

男子の「潮」の正体「お●っこ」と認定される。

ikemen nude

僕も何度か経験のある「潮吹」ですが、その正体については謎とされてきましたが、最近の研究で「お●っこ」であると認定されつつあるようです。

男性の潮噴き、医学的に解明される。

噴出されたこれまでいわゆる「潮」と言われた謎の液体。今回25歳男子の協力を経て、マジメに解明に取り組まれたようで、女性協力者の手コキにより射精。射精後も手コキを続け25歳男子が潮吹きしたと。

その潮液を調べたところ、クレアチニン値が55.9mg/dLを示し、主成分は「お●っこ」だったと。
 
なるほど今まで単純に経験者を見つけることが困難だったのかな?それがネットの普及+性の世界が開拓されて今回の実験にようやく辿り着いたのかも知れません。つか、この実験自分も潮提供者になりたかったわ。笑

ま、コレ女子の潮も同類だと思われますが、いや、え?僕の潮は無色・無味・無臭でぜんぜんお●っこぽくないけど。

コレね、初めて潮吹した時の話しですが、35〜40代くらいの相手で僕21とか22っすわ。で、また話し逸れさせますけど、いや、いい人だったんですよ。いい人。ただね、ラブホの駐車場で持参したバイブとか縛るロープとかをふっつーのお土産モン入れる用の紙袋に入れてそれ持って車から降りたんですよ。その人。観光地の名前となんかそれっぽい絵が描いてあるやつ。お土産の紙袋て!と、まあ思った訳ですわ。しかも、ラブホ向かう途中で電話かかってきて。

相手「ああ。今?今ツレと一緒やで。ナニが?いやちょっと遅なるわ。ええよ先食うといて。」

も、明らかにオカンか下手したら嫁。常習かな?それ疑われてんちゃいますのん?な。もう聞かんかったけど。

んで、まあモノ(エロアイテム)は、まあイイもん揃ってる(アイマスク、手枷もある!)し、ほなしましょか。になったんですけどね。あ、でもなんかそういうお土産袋を大切に使う感じの性格も優しい人ではありましたね。で、本題。

シャワーを一緒に浴びる事になって、シャワーヘッドをかける金具んとこに手枷で繋がれた僕を全裸のまま、ボディソープでいい感じで触ってくるんです。ときどき勃起したモンを押し当てて来たり。で、鏡の前に座らせて後ろからサワサワ触ってそれ見さすみたいな。なかなかなモンなんですよ。

で、またシャワーんとこに手枷引っ掛けてタオルで拭いてくれて、先にココで待っといてみたいな感じで部屋の壁ランプみたいなとこに手枷引っかけで待たされる。ベッドの上にはロープやバイブ。んで相手はガウン着て出て来て、あざす!僕だけ全裸あざっす!的な。

そんで、まあ縛りやバイブんとこは今回「潮」なんで省略します。ホントはベッドの足んとこ利用して両手足固定の大の字全裸でフェラ、手コキで一発目大量射精。その後縄が解除され恒例のピロートーク状態に入ります。

何人くらい経験あんのとか、いつもこんなんしてんのとか、僕のカラダに撒き散らされた精液を手でさらに塗りたくりながら。ココで初めて知ったんですが、精液って薄く伸ばしたら当然、乾きが早いんですよ。そしたら粉っぽくなるって言うか、すごいね、サラサラしたパウダーみたいな物体になるんですね。でもアレが全部精子の死骸かと思うと、罪悪感もあるけど。。。

で、まあ優しいんですが、どうしてもあの紙袋が頭から。コレ終わったらまた紙袋に片付けんねや。。。とか思うと、急に冷めてきたんですよ。ソレを察したのか話しながらスッカリ萎えた僕のチンコをこうプルルンっとぶらつかせたりちょっとさすったりとかしてたら、また起ってきて、

相手「ぁ。。起ってきた。。。」

って小声でつぶやいたんですわ。”よっしゃ”みたいなノリで寝転び状態から僕の下半身側に座り直して。そしたらなんか僕もスイッチ入って、ハァハァなってきたんですよ。で、2発目やから時間もかかる。オイル使ったりローターを乳首にくっつけたり、その人、もうやる気満万で。

イケメン 手コキ

かなりの時間を要するもその時が来て

僕「あ。。イク。。イク。。。。」

イケメン 手コキ

僕「っっっくぅぅううう。。。っ!」

イケメン 潮吹

一発目よりも粘度の高い精液が射出。一発目よりもちょっと苦しい快感が襲う。けど、さっきと違って手を止めない。射精は終わったのにまだ手こく。そして左手で精液ごと亀頭をなでるように包み込んで愛撫。くすぐった苦しいみたいな感覚になり逃げようとしたけど「そのまま。そのままで。」手が止まらない。なんか喘ぎと言うより、激しいくすぐった苦しみに耐える声みたいなのが出て、そしたらたぶん尿道だと思うんだけどムズムズしてきた。

僕「あ。。あ。なんか出そう。。。アカン。。おし●こかも。。。トイレ!」

相手「このまま出して。エエから。出してエエよ。」

手の動きは止まらない、ヤバい。。。アカン。。。

僕「ちょ、も出る!!」

イケメン 潮吹

ジョロっ。。。ジョロロロロロ!ジョロっ!!

喉を潰したような声になって、堪え難いくぐった苦しみに体がよじれる。エビ反りになって液体をビュッビュ出した。

相手「うわ。すっげ。。。」

僕のカラダは暖かいお●っこでベタベタになった。しばらく放心状態になった。なんか視界が眩しいみたいな★が飛んでる状態のような。。。そして今度はカラダに飛び散ったおし●こを僕の顔に塗って、唇に指を押し込んだ。その時に判ったんだけど特別これと言って味もないし、ニオイもしなかったけど。なに?この液体?

相手「だいじょぶ?初めてなん?こないなんの。」

僕は虚ろにうなづいた。

相手「すごいな。潮吹いたやん。イケるかな?思たけど俺も初めて見た。これおし●こちゃうで。たまにな、おるらしいわ。こういう風になる子。自分、アレやな。相当、男とカラダの相性エエねんな。」

え?おし●こじゃないとしたらナニこれ?と聞くと、女の子が潮吹くって知ってる?アレと一緒でめっちゃ気持ちいいと男もそうなるらしいと言う、そういう現象があることを教えてもらう。あんなんマンガとかの世界だけのフィクションやと思ってた。

イケメン 潮吹

どう言えば伝わるんでしょうね?なったことある人しか判らん感覚。エネマグラ系とか、精通してない時のドライオーガズムとはぜんぜん違う、くすぐった気持ちイイ苦しいってのか、説明しづらい。気持ちいいんやけど何か辛いと言うか。極限てそうなのかも。

ただ「お●っこ」なのホントに。あれかな、膀胱に貯まってる状態の、まだ排泄したいと思う前の「お●っこ」で、排泄したいと思った時はいろんな分泌したモノを一緒に出すんだろうか?

で、排泄したいと思ってない状態で膀胱内に貯まってる液体を、要は性的な刺激で排出した場合は、いわゆるクリーンな状態なんだろうか?よく判りません。

とにかくシーツも水をこぼしたような、ぜんぜん黄色とかじゃないし、僕は今までそういう液体なんだと思ってました。純粋に「水」だと思ってました。シーツ汚してごめんなさい。しかも最新の研究により「お●っこ」だったらしいです。ラブホの人。すいません。。

イケメン 潮吹


関連記事

0 Comments

Leave a comment