FC2ブログ

未熟な早熟

ズル剥け 少年 裸 ヌード

男「そっか。●3てことは1△才か。進学は決まったの?」

下着姿の少年「はい。。。」

目の前に立つ少年はオレが用意した下着一枚を身につけてスタジオに立った。発達中の彼のカラダは男と女の分岐点に差し掛かっている最中のようだ。

メールの文章から18歳なんてウソだとスグに判った。オレもそれなりに迷ったが、思わず承諾してしまった。

薄い布の向こうには、唯一の彼の性を証拠づけるモノが隠されている。だが、すでに膨らみがソレを示している。縦にしたカメラのモニタには、黒いバックに浮かんだ肌色の少年。最小限の範囲を隠すだけの小さな下着だけが残されたベールだ。

男「じゃあ、それも脱いじゃおうか。」

少年はコクリと小さくうなずき、下着を取ってスタジオの端へと軽く投げた。
ズル剥け 少年 裸 ヌード

あらわになった少年のソコは、もう発毛していて意外にも奇麗な桃色の先端を見せた。モニタ越しに見たその部分を厚皮で覆い被さったモノを想定していたオレは驚きを隠せず、モニタから少年に視線を向け思わず問いかけた。

男「へ〜。もう剥けてるんだね。あ、ごめん可愛い顔してるからてっきりソコもそうなのかな?と思って。」

少年は恥ずかしそうに黙っているだけだった。

男「いいんだよ。ぜんぜん。スゴイなと思っただけで。ちょっとビックリしちゃってゴメンね。」

少年「恥ずかしいから被せるんですけど、いつの間にか戻ってるんです。」

未熟なカラダに反して、少年の性器は男になることを急いでいるようだ。けれど、その色つやは、まだまだ実戦不足を物語る。体制が整わされただけに過ぎない。

男「エッチは?まだかな?」

少年「まだです。」

男「オナニーは?」

少年「。。。します。。。」

”しない”と答えて鵜呑みにするほどオレもめでたい人ではない。それ以上は問いつめたりしなかったが、おそらく小●生からなんらかの自慰行為の経験をすでにしていたんじゃないかと思った。

男「SEXはまだ早いとか?」

少年は苦笑いで困ったような表情になる。思いきって聞いてみる。

男「男には?興味あったりするのかな?」

少年は床を向いて軽く唇を噛んだ。”興味がある”と答えたようなものだ。

男「僕はね、男の人にも興味あるんだ。特にキミみたいな可愛い感じの子はね。顔は可愛いのにカラダはエロくてさ。」

オレの言葉は彼のスイッチを押したようだ。

ズル剥け 少年 勃起 ヌード

目一杯に大きくなった。触れなくても判るその硬直、その硬さ。このまま卑猥に話しかけ、視姦しているだけで射精してしまいそうだ。

オレ「もう少し撮ったら終わるよ。アッチでしてあげようか?」

少年は少し身震いして小さくうなずいた。。。

ズル剥け 少年 シースルー



関連記事

0 Comments

Leave a comment