FC2ブログ

カミングアウト

セルフヌード

カミングアウト。カミングアウトとは自分の秘密を公言すること。公言と言ってもその規模は人それぞれで、一般には周辺の人や、家族、友達、職場の人などに告げること。公人や芸能人ともなると、支持者、ファンなどもっと広い範囲に告げることになります。同性愛者の場合は、それまで隠して来た性の嗜好を公にすること。つまり自分は男で男が好き、女で女が好き、または両性愛者であることを宣言することですね。

で、僕のカミングアウトはたった2人。それも女友達2人です。1人はもう結婚してて地方に、もう1人は同じ地域に住んでるシングル。2人ともまぁまぁ幼馴染みと言うか、まあ、そんな感じ。2人に公言することになった成り行きは、久しぶりに3人で会った時の事。地方に行ってる子のお父さんが亡くなったことで何年ぶりかで会うことになった事から始まります。
詳しいことは書けないけれども、地方に行ったその子は○○の時に僕の事を好きだと言ってくれた子「O」で、でも当時、僕はそういう柔らかい世界がくすぐったいようなのが苦手(だいたい、その時すでに男も経験してた)で、その子はすごくイイ子だし、どうしていいかも判らずハッキリした答えも告げず。何時の間にかその子は結婚に至ってた。もう1人は○○からの同級生「M」で、ウチの家族達もよく知ってる子。

始めはいろんな昔の話から始まった。そんでMが来年結婚すると言う話。実はMは○○時代に付き合ってた男(そいつも友達)と数年前に別れた者の未練タラッタラで、今だに、そうフィアンセがいながら好きだと言う。そして時々ソイツの店(バー経営)に通ってるらしい。フィアンセも好き。けど、どうしても元カレも好きって言う、あるんですよそういう話ってホントに。その元カレにも今は彼女がいると言うのに、どうしてもアカンみたい。で、その流れからお互い腹割って話そうぜみたいな流れへと変わった。結局Mは、つい最近元カレとSEXをしたらしく、フィアンセに罪悪感ありながらも。。。と打ち明けた。ちなみにその元カレは、言ってみればガチムチ系の僕的にはまったく、なんの気持ちも起きないタイプ。意外にも僕とは小中高と一緒だった。

半分呆れた僕とOにMが言った。

M「Oさ、管理人(僕)のこと好きやったやんなぁ。」

酔った女はじゃあくさい。てか、Mはかなりの酒飲み。僕は”このボケぇ。。。”と思ったが、Oちゃんはサラっと「うん、好きだったよ。」と言った。ま、そういうサラサラってムードは助かる。僕は適当に、まぁまぁまぁと答えた。

M「でも、Oさ、あの頃16歳の子(男子)とイイ感じの時あってんやで。」

ソレは初耳。しかも16歳!僕らが19の時に16歳!てか、オレもそんな感じで16歳女子と付き合うてたけども!しかも聞けば、かなりの美少年だったそうだ。バイト先で知り合ったらしく(ソレもオレと同じやんけ!)SEXもしたらしい。てかコイツら酒のせいかガンガンしゃべりまくる。

O「でも、やっぱりヘタクソやったわ。ガキはアカンて思た。」

ちなみにOちゃんは花屋でバイトしてたほどの、昔は清楚な感じ(がしただけか)だったんだけれど、彼女らのブラックな面が見えてくる。それから2人の数々の無双話を聞き、そろそろアンタもナニか言うてぇやとコッチに振る。

O「結局、管理人くんて、あん時彼女とかいたん?」

M「ウチ、1組の”T"ちゃんと管理人が付き合ってたみたいな話は聞いた記憶あんねやけど。あれ?このことOにも言えへんかったっけ?」

1組の”T"こそ僕の童貞を奪った達人ヤリマンのことだけど、コイツらはどうも情報が錯綜しているみたい。て言うか、僕の秘密って言ったら、それはもう。。。ねぇ。

M「ちょっと〜。早よ言いやぁ?イロイロありそうやけど。なんかKとも噂あったけど。」

Kって言うのは、友達の彼女の事で実際はホントにナニもないんだけど、些細な事で誤報が流れたこともある子。もちろん、ちゃんと説明した。

O「コレだけ聞かせて。私が好きだった時に、ダレかと付き合ってたの?」

真顔で聞く。すっげーなコイツって思った。本音で言うと、その頃はまぁコレと言って好きな男子も女子もなく、ただいろんな経験を積んでた頃で、史上2番目の24時間大好きです!な男子に出逢う前の頃で、どっちかって言うと老若男女及びオカマな人とも平気で寝る頃で、Oちゃんみたいな純朴そうな子(実際はまぁまぁ肉食だったワケだけどね)とは気分的に合わなかった。

と言う事を、かなり柔らかく言い換えて答える。ほとんど真相には触れず。しかし女子2人 vs オレ1人では分が悪く、Mが更に問いつめる。

M「アカンわ。おもんないわ。こんなん。なんかあるはずやって空白の時間に。」

正直、その時の自分の心境がうまく思い出せない。思い出せないんだけど、間違いないのは

オレ「実は。。。って言うか、いや、惹くからなぁ〜。。こんなん言うたら。。。」

もう、なんか憶えてないんだけども、惹かんから言えのMの言葉と、Oちゃんの真顔に、つい言っちゃってた。

オレ「オレな。ヌード写真”撮ってもらった”ことあんねん。。。」

そう。実際はセルフで、しかもゲイ向けなんだけれども、”撮ってもらった”ことにしてカミングアウトした。

M「はぁあ!??マジで??!」

Oちゃんは黙ってたけど、瞳孔が開いたような感じ。Mはダレに?いつ?どこで?ナゼそうなった?と尋問する。適当に年上の女でどこどこに住んでて、その人の趣味で的に誤摩化した。さすがにセルフで撮ってるとは言えず、それから両性対応の事も伏せた。半笑いで驚くMと妙に冷静なOちゃん。対比が凄まじい。しかしどこまでも冷静なOちゃんは、

O「今もあるの?その写真。」

クッソ冷静って言うか、なんなのアンタ?持ってたら見るの?ココで見れちゃうのアンタ??なんだけれどもコッチも、

オレ「いや、まぁ、大体はその人(いもしない架空の女性)が持ってるけどさ。何枚かは記念にもろたけど(実際は全部ある)。」

M「えぇえええええ??なんで?!なんでそんなんなるん???ちょ見たい見たい!」

酔っぱらった女は強ぇ。けど今はない(部屋のPCにならある)から、また今度ね。と誤摩化せたかどうかは不明だけれど、そう言うしかナイやん!そん時は!!

やがて数ヶ月後、とあるメッセージを受信する。ネット上の○○○○に誘われた。メンバーはこの3人。Mがキタキタとニヤついた顔が浮かぶようなテキストを入力した。で、この前の”あの件についてやけども”なテキストを入力。

で、僕は返す。「あるよ。ちゃんとある。けど、モロに写ってるのもあって。」

と。しかしOちゃんは「見せて」と、やっぱり冷静で、それに続いてMが「見る見る〜♪」と入力。僕は、真上から撮った胎児のような格好で写ってる全裸写真を参照画面にスタンバイさせ、あとはクリックするだけで2人に晒される状態を保ち、もう一度2人に問いた。

オレ「マジでスッポンポンよ。ホンマ。エエんやな?」

2人ともココまで来てナニ眠たい事言うてんねんモードで、僕は、初めてセルフヌードをネットにアップしたあの日の気持ちと同じ感覚でクリックした。

アップしてる。。。してる。。。。上がった。。。。

2人の反応が怖かった。反応は意外と良かった。ただ、Oちゃんの一言がオレのセルフヌディスター魂、そして男性ヌードを愛するスピリッツに火をつける。

O「こういう”写ってない(チンコ)”のは綺麗、奇麗。」

んだと。。。?ナニか?チンポが写ってないのは見れるってことか?クリリンのことか?クリリンのことかぁーーーーーー!!!!

気がつけば、僕は丸出しの写真をアップしてた。

男性ヌード

それでも、起ってなくて、モロ過ぎないヤツを選んだ(だったと思う)。テキストだけに2人の表情、心情は掴み辛かったけど、なんとなく「コイツ。。。マジやった。。。」と思ってるだろう程度の感触を得た。どこまでも冷静に写るOちゃんだったが、僕としてはすでにこの時、性悪な気持ちが込み上げてて、

好きだと言ってくれた女の子に裸見せてる。好きだった男の裸を見てる。

その現状に一人萌えちぎる。回線で繋がった2人の間を、一人勝手に妄想してた。Mだけは一人アホめいた文章でキャーキャー騒いでいた。合計10枚ほどの写真をアップした。。。

その後、ネット上で、リアル男友達の全裸写真を見た女子2人と、女子2人に裸写真を見せた僕。3人の関係は、コレがまったく問題ない関係を保って、しかもMとは他の友達数人も交わって数ヶ月後に会っている。まったくその話題には触れず、ものすごく健全な今まで通りの関係。で、今年もまた○月に会う予定になってる。Oちゃんも今も普通にネットで繋がってる。意外にも、男と女の友情って想像以上にフレキシブルなのかも知れません。

察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014-07-31)
売り上げランキング: 240
関連記事

0 Comments

Leave a comment